承認欲求が強く繁栄

ストレス

自分ではわからないことも

スマートフォンやネット環境が整っている今の時代において、30年前のバブル期よりも景気が悪いにも関わらず若者の幸せ度数が高いといわれています。その理由のひとつには人とのコミュニケーションツールが発達していることで、特にまだ若い高校生などは承認欲求を満たすことができることがあります。自分を認めてもらうためのSNSで、仲間との繋がりを大切にしたい気持ちが強いために、ちょっとしたトラブルによって気分が落ち込みやすくなるのも特徴です。気分が晴れない毎日を送っていると軽いうつ病の症状になってしまうので、高校生でもうつ病チェックをする検査がいります。心療内科や精神科などではカウンセリングをする前に問診としてうつ病チェックをやっていますので、現状の精神運動性がどうなっているのかを把握して治療を進めてくれます。専門スタッフが対応するので安心できることが大きなメリットになりますし、何よりも経験豊富な医師がいるところではチーム医療としてサポート体制が万全です。

うつ病チェックをすることでいろいろなことがわかってきますが、まずは軽度なのか重度のうつ病なのかを判断することができます。高校生では対面でカウンセリングをしてくれる人は近くにはいないので、専門の医療機関を利用することで治療に進みます。軽度のうつ病の場合には、まずは薬物療法ではなく行動認知などを把握しながらカウンセリングをして、様子を見ることもひとつの方法です。病院ではすぐに薬を出してしまうと薬に対する依存が高くなるかもしれないので、軽度の症状であれば使わないことが一般的になります。また重度のうつ病の場合には、すぐにプログラムされている治療を用意してチーム医療として対応をすることが大事です。高校生などは多感な時期でもあるので言葉の一つ一つに重みが出てくることも多く、専門のカウンセラーに話してもらうことが精神を落ちつかせる方法といえます。うつ病では軽度でも重度でも、一度はうつ病チェックで診断してもらい、学校生活がスムーズにできるくらいまで回復させることです。

Copyright© 2019 だれでも鬱病になることはあるので気をつけて All Rights Reserved.